1985年12月 エジプト旅日記(14/17)   

12月28日土曜日 ミイラと対面

 見学としての最後は、カイロのエジプト考古学博物館でした。
 
 博物館の前で。

 英国博物館の大きさとは比べられませんが、それでも2階建てで、たくさんの展示物が収められています。
 多くの貴重な品々が国外に流出していますが、それでも見ごたえがある博物館です。
 
 
 ツタンカーメン、ラムセス2世、カフラー王、ハトシェプスト女王、アメンヘテプ4世(イクナアテン)、王妃ネフェルティティ、など多くのファラオにまつわる物が展示されています。

 いろいろ見ていくとミイラもありました。犬の半身なんてのまで。さすがに写真に撮る気は起きません。
 
 
 つづく